わたしがヨガをはじめたきっかけは、なんとなく、気持ちが良さそうだったから。

本来、ヨガは、とても気持ちがいいものです。

ヨガをはじめたのはサラリーマン時代。
当時は今よりももっともっと体が硬くて、運動も苦手。
男性の中で働く総合職のプレッシャーから、毎日ストレスで押しつぶされそうでした。
体がカッチコチのわたしは、ポーズなんてほとんどできていませんでした。
なのに、ヨガってなぜか気持ちが休まり、もっと続けたい、もっと知りたいと思えるものだったんです。

つまり、、ヨガに体が硬い、柔らかいって本当はほとんど関係がないんです。

そこはあまり知られていませんね。

だから
ちょっとずつ
細く、なが~く続けてみてください。

気持ちが良くないヨガは、やり方が間違っています。

がんばりすぎている
人と比べている
自分をダメだと思っている
自分をよく見せたい

そういう気持ちがあると、気持ちのいいヨガができません。
でも、その気持ちを無くそう、としなくてもいいのですよ。

その気持ちに、ひたすら寄り添ってあげましょう。

やさしく寄り添うだけでいいです。

自分と一緒にいてあげましょう。

自分にやさしくしてあげましょう。

プロフィール
KATA YOGA代表。
株式会社グロウスサポート(心屋)役員。
パートナーは心理カウンセラー心屋仁之助。

2011年ヨガジェネレーション主催ティーチャートレーニングを修了し、2012年より中島正明氏のフルプラクティスシリーズに参加、

京都開催時のアシスタントを務めた。
2013年より、サードゥM氏からジュニヤーナ瞑想と

エネルギーのヨーガの指導を受けている。

yoga generation TT fundamentals 100hr.終了
陰ヨガTT 『理論と実践』終了
チベットハートヨガ シリーズ1 ハートチャクラシリーズ TT終了
女性のためのヨガ講師養成講座 終了
ヨガニードラ講師養成講座 終了
リストラティブヨガ講師養成講座 終了